column

コラム一覧

家族が健康に暮らすために考えなければいけないこと

家族が健康に暮らせる住環境であるかどうかは、この先長く生活していくために考えなければいけない大切なことの一つです。

 

新建材(集成材)から発生する有害な化学物質により体調を崩す人が続出しました。これがいわゆる「シックハウス症候群」です。

シックハウス症候群の原因物質の一つに「ホルムアルデヒド」があります。ホルムアルデヒドとは家具や建築資材、壁紙を貼る為の接着剤などに含まれている化学物質の一つです。ホルムアルデヒドは家具や建築資材などから少しずつ室内に放散されます。このホルムアルデヒドに汚染された室内に人がいると目や気道に刺激を感じることがあり、高い濃度では呼吸困難などを起すことがあります。

 

そして、2003年7月1日にシックハウス法が施行されました。この法律によって国は強制的に換気扇の設置を義務づけました。高気密、高断熱の家は空気の入れ替えを行わないと高気密化された室内の空気はどんどん汚れてきます。また、住宅の建築には様々な化学物質を含む建材(屋根材、床材、壁材、建具など)が使われるようになりました。

 

そこで疑問です。

 

化学物質が大量に放散されるから「換気して防ぐ」?

 

もちろん省エネの観点からすると高気密、高断熱の家はとても快適です。

 

でも、もとから安全な建材を使用すればいいのではないでしょうか。

 

そもそもそんなカラダに悪い影響を与える建材を使い続けていいのでしょうか。

 

シックハウス症候群になると、微量の化学物質にも反応してしまう「化学物質過敏症」を発症するリスクが高まります。化学物質過敏症は、悪化すると発症以前の体質に戻すのが困難な病気です。

 

家族が健康で笑顔で過ごすために建てた家が、不健康の原因になるのは本末転倒ですよね。

 

ナチュールラヴィでは家族が健康で暮らせるように、自然素材にこだわった建材を使用しております。壁は天然100パーセントのスイス漆喰、床は無垢材に天然塗料、自然素材の断熱材など、カラダに無害なものを厳選して使用しています。

 

お家を建てる時、立地や間取りばかりを考えがちですが、素材や暮らし方に目をむけることも大切だと考えています。

  • 資料請求はこちら
  • イベント情報はこちら

Nature Lavie(ナチュールラヴィ)

  • facebook
  • instagram
  • line

株式会社垣本ハウジングの新築注文住宅
NATURE LAVIE〜ナチュール・ラヴィ〜
〒639-0232 奈良県香芝市下田東3-1213-1
無垢の木と漆喰のミニショールーム/駐車場完備

事務所/モデルハウスご来場のお問い合わせは

TEL : 0745-60-9063まで

Mail : info@nature-lavie.com

open

定休日:毎週水曜日 お盆/年末年始/臨時休業あり