column

コラム一覧

ダウンライト

メインにダウンライトって暗すぎない・・・?

近頃新築のお家にはダウンライトや間接照明が多く採用されていますが、
「あんな小さな電気で明るくできるの?」って思っていませんか?

流行るだけあって空間をオシャレに演出できるんですが、実用性を考えたときに不安をおぼえる方もまだ多いようです。

 

「新築を依頼した会社から勧められたからなんとなくその照明にしてみたのだけれど、大丈夫なの?」
「LEDの照明は高いから別にこだわらなくていいかなぁ・・」
「将来的に、ダウンライトだと交換できなかったり、メンテナンス性が不安・・」

 

今回は不安を取り除き、後悔しない照明デザインの組み立て方のヒントを紹介していきます!

~~ダウンライトは明るさ不足?~~

結論から言いますと、《選び方》なんです。単純すぎますが、これだけなんです。

 

 

2つの画像はどちらもダウンライトを配置したお部屋です。
かなり雰囲気が違いますね。

例えばお子さまがいるお家のリビングには白っぽい光がいいかもしれません。
宿題をしたり、集中するのに向いています。

ご夫婦2人の生活にはリラックスできる暖色の光がおすすめ。
ゆったりとくつろげる空間がマッチするのではないでしょうか。

このようにダウンライトといっても様々なモノがあります。
照らす角度、色味、光の強さ、たくさんのバリエーションの中から、適したライトを組み合わせて配置することで
明るく開放的な空間やムーディーな空間まで、どんなテイストにも演出できちゃいます。
 
~~ダウンライトは高くつく?~~
 
①電球代(/個)
白熱電球→約200円
LED電球→約2,500円

②電気代(/年)
白熱電球→約2,400円
LED電球→約400円

※電気代は1個当たりの年間の電気代、1日6時間点灯したと仮定しています(地域によって差があります)

電球代と一年の電気代を合わせると

○白熱電球→約2,600円

○LED電球→約2,900円

・・・やっぱりLEDの方が高い・・・

いえいえ、まだLEDのコスト面での最大の強みが残っているんです!
 
「圧倒的な寿命の長さ」
 
白熱電球の寿命→約1,000時間
LED電球の寿命→約40,000時間!
 
白熱電球は一日6時間点灯に当てはめると年間2個は必要。LEDは1個で20年(!!)ほど電球交換は必要ありません。
10年間で比較するとLED電球は白熱電球より約2,5000円も安くなります!!
長い目で比較検討してもいいかもしれませんね。
 
~~ダウンライトの球交換は大変?~~
 
一般的にダウンライトは自力での交換ができないものが多いです。
一体型ダウンライトの交換には電気工事士資格が必要だったりします。天井の配線に直接干渉しないといけないからです。
なので、電気屋さんに依頼するのが通例です。
 
「それは面倒だし高くつくんじゃないの?」
 
こんな不安にも解決法があります♪

①交換可能なダウンライトを使用する。
一体型とは違い、球交換が可能なモデルもあります。これなら電気屋さんに頼まなくても大丈夫ですね。
②ライティングレールを使用する。
天井に設置したレールにいろんなタイプの照明を取り付けることができます。ダウンライトとは少し趣きは変わってしまいますが、
スポットライトや吊り下げるタイプもありますので、よりアレンジは可能になります。埋め込みが難しい天井にも対応できる方法です。
 
ダウンライト選びのヒントにしてみてください♪

  • 資料請求はこちら
  • イベント情報はこちら

Nature Lavie(ナチュールラヴィ)

  • facebook
  • instagram
  • line

株式会社垣本ハウジングの新築注文住宅
NATURE LAVIE〜ナチュール・ラヴィ〜
〒639-0232 奈良県香芝市下田東3-1213-1
無垢の木と漆喰のミニショールーム/駐車場完備

事務所/モデルハウスご来場のお問い合わせは

TEL : 0745-60-9063まで

Mail : info@nature-lavie.com

open

定休日:毎週水曜日 お盆/年末年始/臨時休業あり