column

コラム一覧

ナチュラルクリーニングのおはなし その4(クエン酸編)

今回はクエン酸についてです。 前回までに紹介してきた、重曹やセスキ炭酸ソーダがアルカリ性なのに対し、クエン酸は酸性の性質を持ちます。 汚れを落とすには、汚れの性質と反対の性質を持つ成分で中和させる必要があるため、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れに効果を発揮します。

 

 

|クエン酸の使用に向いているもの

・水道水のカルシウムやミネラルが固まった水垢

・トイレの黄ばみや尿石、アンモニア臭

・お風呂の石けんカス汚れ

・洗濯槽に蓄積した炭酸カルシウム

・タバコのヤニ汚れ、臭い

 

クエン酸には、細菌の増殖を抑える殺菌効果があるため、汚れを落としながら消臭や除菌もすることができます。

基本的には、粉末を水に溶かしクエン酸水にして使用するのが便利です!

(500mlの水にクエン酸を小さじ2杯〜2杯半程をよく溶かし、スプレーボトルに入れるだけ! )

ではクエン酸を使った具体的なお掃除例をあげていきましょう。

 

 

【リビング】

クッションやカーテンなど頻繁には洗えない、または丸洗いできない布製品に吹きかけて使用します。 魚の生臭いにおいやタバコの臭いはアルカリ性のため、酸性のクエン酸水で臭いを中和することができます。

 

 

【キッチン】

キッチンのシンクや食器の水切りかご、調理台など水垢がつきやすい個所にも、クエン酸水を吹きかけてスポンジでこするだけで、簡単に汚れを落とすことができます。 頑固な水垢には、粉末を直接かけてメラミンスポンジなど研磨作用があるものでこすりましょう。

 

 

【浴室】

浴室の石鹸置きや棚、椅子などに付着した石鹸カスや水垢も、クエン酸水で落としましょう。スプレーを吹きかけて汚れをスポンジなどでこすってください。

水栓やシャワーヘッドの白い汚れを落とすには、キッチンと同じようにクエン酸水を含ませたキッチンペーパーを巻きつけてしばらく放置し、スポンジでこすります。

クエン酸は、石けんや皮脂汚れなどが溜まりやすい排水口のヌルヌルヘドロにも効果的です。粉末のまま汚れに振りかけ、スポンジなどでこするときれいに汚れが落ちます。

洗浄力をアップさせるには、重曹との併用がおすすめです。重曹を排水口に粉のまま振りかけ、クエン酸スプレーを吹きかけると、発泡し炭酸ガスが発生します。(※ガスは無害です)

この炭酸ガスが強力な洗浄効果を発揮して、ぬめりや皮脂汚れを除去してくれます。

 

 

【トイレ】

トイレにこもりがちなアンモニア臭には、消臭・除菌効果のあるクエン酸での掃除がおすすめ。便器や便座だけでなく、壁や床、タンク上の水垢(水が流れるタンクの場合)など広く使うことができます。

また、トイレの掃除には、クエン酸だけでなく重曹を併用した掃除も効果的です。ホコリやカビ、黒ずみなどの酸性の汚れを、重曹スプレーを使用して取り除いたあと、黄ばみや除菌にクエン酸を使用します。

特にトイレの床掃除にはクエン酸が活躍!クエン酸と清潔な雑巾があれば手軽に掃除ができます。

 

 

そろそろ大掃除の季節がやってきます。

今年の大掃除はナチュラルクリーニング。どうでしょうか?

  • 資料請求はこちら
  • イベント情報はこちら

Nature Lavie(ナチュールラヴィ)

  • facebook
  • instagram
  • line

株式会社垣本ハウジングの新築注文住宅
NATURE LAVIE〜ナチュール・ラヴィ〜
〒639-0232 奈良県香芝市下田東3-1213-1
無垢の木と漆喰のミニショールーム/駐車場完備

事務所/モデルハウスご来場のお問い合わせは

TEL : 0745-60-9063まで

Mail : info@nature-lavie.com

open

定休日:毎週水曜日 お盆/年末年始/臨時休業あり