column

コラム一覧

インテリアに中性色を取り入れる

・インテリアカラーに紫を取り入れる時のコツ・

古くから品が高く神秘的な色とされてきた紫には、精神を高揚させたり自尊心を高めたりする効果があります。隠れ家のような部屋や音楽鑑賞の部屋、ヨガ、瞑想、占いなどをする場所に向いていると言えます。
荘厳さや格調、気品、優雅、個性などの性質がありますが、赤味がかった紫や、青味がかった紫といった色味の違いや、トーン、濃淡によって紫は色の見え方の幅が広いので、与える印象も様々です。

寝室に使う場合は、落ち着いたトーンで眠りの妨げにならないように注意しましょう。
鮮やかな紫は個性が強いのでアクセントとして使用をお勧めします。
紫を多めに使いたい場合は、補色の黄色をお忘れなく!

 

 

 

・インテリアカラーに緑を取り入れる時のコツ・

緑は温度を連想させない中性色で、バランスや調和、誠実、堅実といったイメージを持ちます。

森や自然をイメージさせる緑は、リラックスできる色なので、寝室などの緊張をほぐしたい部屋や、みんなで和やかに過ごしたい場所にぴったりです。
メインカラーに使う場合は他の色味のある小物を飾ったり、赤やピンクでコントラストをつけると吉。

 

 

  • 資料請求はこちら
  • イベント情報はこちら

Nature Lavie(ナチュールラヴィ)

  • facebook
  • instagram
  • line

株式会社垣本ハウジングの新築注文住宅
NATURE LAVIE〜ナチュール・ラヴィ〜
〒639-0232 奈良県香芝市下田東3-1213-1
無垢の木と漆喰のミニショールーム/駐車場完備

事務所/モデルハウスご来場のお問い合わせは

TEL : 0745-60-9063まで

Mail : info@nature-lavie.com

open

定休日:毎週水曜日 お盆/年末年始/臨時休業あり